ホーム > LAB IIのレビュー

LAB II

ユーザーレビュー

平均評価

シュウ ( 20代/男性 )

おすすめ度

ホールで音楽を聴いているような広い音場感でオーケストラ楽曲との相性はバツグンに良かった。柔らかい音でジャズにも適していると感じました。音楽の生演奏を聴いているような臨場感を楽しめるイヤホンという印象を受けました。仕方ないとはいえ、あとは値段だけが唯一の問題。総じてバランスが良く、素晴らしいイヤホンでした。

AKR ( 10代/男性 )

おすすめ度

特筆すべきは中高域の再現性である。弦楽器の音色がこれでもかというほど生々しい。コンサートホールの空気感なども十二分に感じられる。
意外だったのがHR/HMとの相性の良さ。クラシックほど相性が良いとは言えないが、十分に楽しめる。
音場は広いが、ボーカルは中央に定位し、不満を感じさせない。

MIC ( 30代/男性 )

おすすめ度

AK100直挿し、アンバランスでの試聴
中高音が響き、量感が多い。3-4kHzあたりの量感は抑えられており刺さらない。
このため女声ボーカルが前に出てつややか。
サ行は刺さらない。中高音が通る音作りでもあり、これが外耳側フルオープンの効果と思われる。
低音は不足でない程出ている。下までは伸びない。締りはCKM1000以下。
中高音(ボーカル)が主張するため、存在感はあまりない。
150Hzあたりにピークがあり、ソースによっては聴き疲れする。(ドラムの高めの音)
装着感は非常に良い。着けている感覚(圧迫感)がなく、タッチノイズは無い。
Shure掛けはケーブルが硬く不可能だが、する必要を感じない。
音量を上げると女声ボーカルとドラムが主張しすぎるため、音量小さめが適している。
装着感の良さも含め、室内で小音量でBGM用途に使うと最高。

AU ( 20代/男性 )

おすすめ度

音場が非常に広く、特にクラシックミュージックに合う印象でした。
V塩陳の響きやチェロの響きがとても気持ちよく聞けた。また、アコースティックギターも良かった。
短所を上げるとすれば、低域の勢いの無さでした。
バスドラ、ティンパニーなどの打楽器系の低音が時に薄くなって聞こえた。

A.W ( 30代/男性 )

おすすめ度

耳にきちんとセットできるか不安でしたが、全然大丈夫でした。ぴったりフィットします。
左右がわかりにくかったです。
低音域がしっかり出て、スッと引く感じがしました。聴きやすいです。(振動板が薄いせいでしょうか?)
当たり前ですが、音漏れがすごいです。
ふだんF3100を使っていますが、(比べてはいけませんが)ダイナミックのこちらも素晴らしいです。

YY ( 10代/男性 )

おすすめ度

ゆったりとした曲調の女性ヴォーカルものを中心に試聴しました。
濃厚で柔らかく、深く深くへと沈み込んでいくような没入感を得ました。とても気持ちがよく、優しい音です。

Jun ( 40代/男性 )

おすすめ度

音質:良い。中〜広域にかけ、スムーズになってくれる。高音の透明感サイコーです。
値段が安くなれば買いたいと思う。
ケーブル及びイヤホンのL,R表示がわかりずらい。ケーブル差し換えるとき、耳に装着するときに迷う。(ケーブルに赤のライン、本体にも赤表示及びR、Lの表示があったら良い)

まりかず ( 50代/男性 )

おすすめ度

カナル型やオーバーヘッドのように耳を塞ぐことなく、また、耳掛けのように耳の付け根に負担なしで軽く装着できるイヤホンが良いなと思い続けていて、LABIIを写真で見た時、「これだ」と思い購入したが、頻繁に耳から本体が抜け落ちてしまう(頭を少し傾けると簡単に外れ流。また、ある時ふと、突然、外れる)。
個人差であろうが、難儀していたところ、finalから装着相談の連絡があり、ショールームに伺い、耳掛け式での使用を提案いただいた。しかし、MMCXコネクタ形状が耳掛け式での利用を想定していないためと思われるが、家に戻ってじっくり使い始めると、ケーブルが耳から外れて本体落下がしばしば発生し、常にケーブルの状態を気にしている必要が生じ、とても煩わしいことになってしまった。再び finalに相談し、F7200用ケーブルを試用したところ、これがピタリと収まり、ようやく、落ち着いて聴ける状況となった。ただし、F7200用ケーブル使用は MMCXコネクタに無理な方向からの力が掛かりやすく、十分に注意して装着する必要があり、万人向けの解決策ではない。
音質は、驚くほど素直で好ましい。作り手の意図まで聴かせてくれるイヤホンは初めての経験であった。広がり感も良く、低音から高音まで素直に響くが、ボーカルでは少し中央定位が強くなり過ぎ、もっさり感が感じられた。定位の良さが、オーケストラではこれが効いているのか、楽器の位置が手に取るように分かり、ホール中央のバランスの良い席で聴いているような体感が得られた。
タッチノイズは皆無と言える。加えて、「オープンカナル」は、カナル型ではうるさい飲食等の口腔内音の聴覚への反響が意識されない。また、周囲音が違和感なく耳に入り、家族との突然の会話でもイヤホンを装着していることが阻害にならず、個人的には非常に嬉しいことと感じている。
評価は、装着の難点を除いている。購入前に試聴すべきだったということかもしれないが、装着後しばらくしての本体脱落は1時間程度の試聴では分からなかったようにも思える。衝動買いの後、心安らかにリスニングできるようになるまでだいぶ苦労したが、今後の充実したリスニング環境での生活を思えば何てことはなかったと納得している。

NH ( 30代/男性 )

おすすめ度

AK380で試聴。臨場感・音場は他のイヤホンでは体験できないレベル。独特の体験ができる。
ただし、音が少ないジャンルを聞くと、ボーカルがやや埋もれるような、ややはっきりしない感じになる。
バランスよりアンバランスのほうがよい。

まさ ( 60代/男性 )

おすすめ度

開放感のある美音。
想像を超えた。広がりも素晴らしい。
ジャンルも何でも来い?
欲しいが手が出そうにない。次に出る製品は何とかなる価格で出してほしい。

六条R ( 20代/男性 )

おすすめ度

ピアノ曲は特に高域がよい。とにかくよい。
統制感があるが、決して突き刺さるような印象ではない。
中〜高域の解像度が高い印象。
低域の邪魔にならないような音作りができている。
見た目からして、低域は出るのか?と心配していたが、実際聴くと思ったより鳴る。イメージとしては上品な低音。
あとはお値段…

fumi ( 男性 )

おすすめ度

音場の広さが感じられ、オープンタイプという事もあり、閉塞感もない。
音の傾向としては自分好みではある。
しかし思っていた程低音については沈み込み、響きはなかった。
好きな人には良いが、人を選ぶと思う。

YMKY ( 30代/男性 )

おすすめ度

正直音質の良し悪しはわからないのですが、「なるほどこれが良い音なのかも」と感じさせる。
良い意味で存在感を感じさせず、音ひとつひとつ感じさせてくれる。
「こんな音もあったんだ」と聴きなれた曲にも新たな発見、魅力を見つけさせてくれる製品だと感じました。

K ( 30代/男性 )

おすすめ度

エアーの中に、微細音が放たれて空間を作る、他にないサウンド。特にオーケストラのステージが再現がすばらしい。低音も思いのほかに出る上に、質感もよく現れる。

kbtnk ( 40代/男性 )

おすすめ度

オープンタイプとして音の広がりがありすばらしい。
造型は見事としか言いようがない。

H.K. ( 30代/男性 )

おすすめ度

自然に音が広がる感じ。聞きやすい。イヤホンとは思えない。
音の再現性も高い。素直に欲しいが、値段が…

SZK ( 20代/男性 )

おすすめ度

構造上、低域の量がインナーイヤー並みになるのは仕方ないとして、今手に入るイヤホンの中では「音の自然さ」ではトップだと思う。
手持ちのPianoForte X-Gよりも違和感が全くない。金属的な響きはX-Gの方が好きだけども。
価格が20万以下でこの音が欲しい。

UM-TJ ( 30代/男性 )

おすすめ度

全ての音が自然に出ているようで聴いていて気持ちいい

TOMO ( 男性 )

おすすめ度

PianoForteとは似て非なる音に驚きました。音場感が広がりながら密度もあり、大変バランスの良い音だと思います。低音も沈み込み中高音も存在感がありました。